飾り線上

笑顔で話すあいつと草原

飾り線下
以前、会社に入って多くの仲間に囲まれて雇われていた。
しかし、数年たつと、誰かと共に何かをするというのが向いていないと知った。
残業の時間が長い上に、チームを組んで進めていくので、やはり噂話が多数。
それを元に、仲よくすれば上手くやっていけるのかもしれない。
何を聞いても、別にいいじゃんとしか思えないのだ。
そして、仕事のペースが遅い人に合わせるという努力ができない、早い人についていけない。
周りは努力が足りない!と思うかもしれないが、母には運命なのだと言われた。

騒がしくお喋りするあの人とぬるいビール
去年の真夏、ガンガン冷やした部屋の中で氷たくさんの飲み物だけ摂取していた。
私は夏は熱中症にかかっていたので、水分を取るのが必須だと思ったからだ。
クーラーの効いた部屋の中で、カーディガンもなし、その上ミリンダにアイスとか。
なので、健康だと実感していた夏。
すると、寒くなって、前の年の冬よりもひどく震えを感じることが増えた。
外に出る業務がしょっちゅうだったこともあるが、寒くてなるべく部屋から出れないという事態。
なので、きっと、暑い時期の生活はその年の冬の冷え性対策にもつながると考えられる。
十分に栄養を取り、均等な食生活を心がけるのが一番だと思う。
飾り線上

熱中して跳ねる家族とわたし

飾り線下
久しく行ってなかった出張の時、初めて仕事でお世話になったAさんは、大きな大先輩だ。
最初にお会いした時以降厳しそうで、個人的な会話は少しも話す機会がなかった。
その際、ふとAさんの袖をまくった太い腕を拝見してびっくりした!
大きめのパワーストーンブレスレット10個以上つけられていたから。
気付いたら、天然石大好きなんですね!と出てしまったほど。
次の瞬間Aさんは得意げに、想像とはうらはらに可愛い顔で、種類別のストーンの由来語ってくれた。

風の無い木曜の明け方は焼酎を
なぜか縫物の為の生地は少しでも値段がする。
子供が園に入園するので、本入れやボール入れが指定された必要品なのに、しかし、なにかしら生地が高かった。
ことのほか、アニメのキャラクターものの仕立てるために必要な布なんて、ものすごく高かった。
キティーちゃんやアンパンマンの仕立てるために必要な布がとっても金額がいった。
園から指定された形ののかばんがわりのものを西松屋なので買った方が手っ取り早いし、面倒が無いだけれども、しかし、へんぴな所なので、皆、家でつくったものだし、周辺に販売していない。
飾り線上

湿気の多い休日の夜明けはビールを

飾り線下
じっと見てしまうくらい綺麗な人に会ったことがありますか?
昔一度だけ出会いました。
電車内で若い方。
女の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれくらいお手入れをしているか、という本人の努力もあると思います。
だけど、内側から出てくるオーラはおそらくありますよね。
この世界には魅力的な方が多くいるんだなーと感じました。

蒸し暑い水曜の午後に読書を
多少時間にゆとりが持てたので、HMVに来店した。
新規でMP3プレイヤーに入れる音楽を見つけるため。
最近、かなり聞いたのが西野カナ。
時期に関係なく聞いているのは洋楽。
アメリカ人以外の作品も素敵だと近頃思う。
そこで、今回レンタルしたのはalizeeだ。
甘い声と仏語がミステリアスだと思う。
飾り線上

怒って吠える兄弟と失くしたストラップ

飾り線下
冷え性になってからは、こころもちハードだけれど、どう考えても真冬がフェイバリットだ。
家の空気が乾いているので、カラリとした匂い、その上布団の温もり。
冬の日差しって華美な気持ちにしてくれるし、一眼レフを持って、夕方の海も綺麗。
季節の空気を撮る場合は、一眼もGOODだけれどトイカメラで思う存分撮りまくる方がなかなか味のある写真がゲットできる。

泣きながら熱弁する弟と月夜
水彩画やフォトなど芸術観賞が大好きで、デッサンも得意だと思うけれど、写真が恐ろしく苦手だ。
なのに、前、上機嫌で、ペンタックスの一眼を重宝していた時期もあり、絶対に持ち歩いたりした。
ビックリするくらいレンズが合ってなかったり、センスのないアングルなので、一眼が笑っているようだった。
そう思ったけれど、レンズや加工はやっぱり最高に楽しいと思う!
飾り線上

笑顔で自転車をこぐ父さんと観光地

飾り線下
5年前、二十歳の時に、同級生と3人で韓国のソウルに旅行に行った。
初めての国外で、高級ホテルに短期の滞在だった。
街中をずっと観光して、充実させていたけど、途中で道に迷ってしまった。
日本語は、当然浸透していないし、韓国語も少しも通じなかった。
その時、韓国人のお兄さんが、レベルの高い日本語で道を説明してくれた。
しばらく日本の大学に滞在して日本語の習得をしたとのこと。
おかげで、無事、順調な韓国見物をすることが可能になった。
次の日、電車で道を説明してくれたその人にまた再会した。
「またきてください」と言われたので、私はこの国が好きになった。
いつも予定を合わせて韓国観光が計画されている。

息もつかさず大声を出す友達と横殴りの雪
気になってはいても行ったことはない、だけれども、しかし、夜の暗さの中での動物園は、夜に活動的な動物が非常に勢いがあって観察していてたまらなく楽しいらしい。
興味はあっても、暗くなってからの動物園は行ったことがないけれど、子供がもう少しだけ理解できるようになったら行ってみようと思う。
もう少しだけ大きくなったら、間違いなく、娘も喜んでくれると思うから。
昼の動物園と隔たりのある気分を俺も家内も興味があって見てみたい。

小さい飾り線上

メニュー

小さい飾り線下

メニュー


Copyright (C) 2015 悲しみもコロッケも捨てたもんじゃない All Rights Reserved.
レトロ飾り