飾り線上

息絶え絶えで大声を出すあの子とぬるいビール

飾り線下
とっても甘いお菓子が好きで、甘いケーキなどを自作します。
普通に自分で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作成していたのだが、ここ最近、ホームベーカリーで焼いてみた、非常に楽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、かぼちゃを混ぜたり、栄養がとれるようにも心がけている。
砂糖やバターがちょっとでもニンジンや野菜の甘さがあるから、好んで口にしてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて言葉もテレビで言っているから普通だけども、昔は、甘いお菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
このごろは、そんな男性が多いよねと言われてそれも寂しい。

月が見える日曜の昼に友人と
暑い季節っぽいことを今年はやっていないが、仲のいい人とさ来週、コテージをレンタルしてBBQを行う。
いつもの恒例だが、まれに、息抜きになる。
男があまりいないので、ものすごく色々と準備をしないといけない。
特に、火起こしが、女の人は不得意な人がけっこういるので、頑張らないと。
だけど絶対に皆でワインを飲むからその時は、焼酎をほどほどにするように注意しよう。
飾り線上

息絶え絶えで泳ぐ彼女と電子レンジ

飾り線下
遠い遠い昔に見た映画が、ビフォアーサンライズというもので、日本でのタイトルは恋人までのディスタンスという。
親戚のお姉さんに、「絶対感動するから見てごらん」と絶賛されていた合作映画だ。
旅の途中の電車の中で初めて会ったアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス出身のセリーヌで、ほんの少しオーストリアを旅するというもの。
このストーリーの珍しいのは、これといった事態、もしくは盛り上がりなど、そんなに無いとこ。
会ったばかりという男女は、恋愛、それに、世の中なんかについてひたむきに討論する。
その時中学校2年生だった私は、経験不足で子どもで、なんとなく見た作品だった。
だけど、この前、偶然DVD屋さんで見つけ、懐かしく思い借りてみたところ、大変感動してしまったのだ。
一番は、レコード店でkath bloomを聞きながら視線を投げあってしまうところ。
ジェシーとセリーヌの帰国の時、要は、お別れの時、そこで最後を迎える。
当時はわからなかったこのシネマ、間隔をあけて観賞すると、ちょっとまたく違う見方ができると思う。
とりあえず、ケイス・ブルームのアルバムを、AMAZONで探して聞いている。

月が見える大安の午後に目を閉じて
娘がマルモダンスにはまっている。
私と妻は教えていないけれど、3歳なのに頑張ってまねしている。
映像でマルモの音楽が聞こえると、録画した映像を見たがって泣いている。
保存したものを流すと止まることなくずっと休むことなく見続けている。
親なので、映像を見続けるよりも本を見たり、おもちゃで体を使って遊んだりするほうが好ましいと思うけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今のうちに遊んでおくのも自分の為でもある。
飾り線上

のめり込んで泳ぐ彼と横殴りの雪

飾り線下
出張で、日光へ行くことが非常にたくさんあった。
北関東地方に位置する日光は栃木県にあって、内陸の県で、背の高い山々に囲まれている。
そのことから、寒い時期には雪が積もり、除雪車やチェーンは必須だ。
秋のシーズンには、東北自動車道を使って2泊3日の予定で行って、行って帰って、また2泊3日というスタイルが多く、サイトなどの情報で日光市が登場すると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は行ってほしい市だ。
紹介させてもらうと、ツーリストたちのメインは日光東照宮。
歴史上欠かせない人物家康の眠っている所で、中の様子に驚くと思う。
もう一つ、いろは坂の上にある奥日光湯元温泉。
硫黄泉とのことで、乳白色で熱めの湯。
この温泉に来ると冷えも治るだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、このお湯を目標に多くの湯治客が集まったそうだ。
景色が思い浮かべられる歴史の深い場所が日光。
民宿の紹介も一緒に雑誌などに記載されている栃木県に、ぜひまた行ってみたいと思っている。

余裕で体操する兄さんとオレ
体の70パーセントは水だという発表もあるので、水の摂取は人類の基盤です。
水分補給を怠ることなく、皆が健康的で楽しい季節を過ごしたいですね。
きらめく光の中より蝉の声が耳に入るとこの頃、普段あまり出かけないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関して敏感な方が多いのではないでしょうか。
夏の肌のお手入れは秋に表れるといいますので、やはり気になってしまう部分ですね。
やはり、誰でも気を使っているのが水分摂取に関してです。
もちろん、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期はちょっと例外の可能性もあります。
その理由は、多く汗を出して、知らないうちに体から水分が抜けていくからです。
外に出るときの自分の具合も影響するでしょう。
もしかすると、自分で気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
真夏の水分補給は、次の瞬間の体に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれないです。
ちょっと外に出る時も、小さなものでオッケーなので、水筒があったら非常に便利です。
体の70パーセントは水だという発表もあるので、水の摂取は人類の基盤です。
水分補給を怠ることなく、皆が健康的で楽しい季節を過ごしたいですね。
飾り線上

無我夢中で体操する妹と花粉症

飾り線下
社員で働いていたころ、仕事を辞職するきっかけがこなかった。
何としてでも退職したかった訳ではないから。
チームで働く気持ちがなかったのかもしれない。
考えるのが面倒で、その日は、熱意を込めて辞めさせてくださいと目を見ていった。
そんな日に限って、入社当時から少し厳しいと感じていたKさんが、こっちに向かってきた。
会話の途中で、話したこともない気持ちを知る余地もないKさんが「この仕事、しんどいよね。だけどあなたはあと少しやれると思うよ。」と言ってきた。
なぜだか泣き顔になった。
考える事があって、その日の帰りに、上司に辞めることを撤回してもらった。

喜んで自転車をこぐ姉妹と暑い日差し
住んでいた場所が違うと食文化が変わることを結婚してからとっても知るようになった。
ミックスジュース作ろうかと妻からある時言われ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、家で作ることが普通みたいだ。
バナナやモモやらとアイスを入れて、普通の牛乳をさらに加えて家庭用のミキサーでシェイクして終わりだ。
家でごくごくと飲んだのは最初だけれど、ものすごく好きだった。
感動したし、くせになって、俺もつくっている。
飾り線上

具合悪そうにお喋りする妹と夕焼け

飾り線下
ある夏、私は親友と、横浜から一般道を利用し、逗子海岸にやってきた。
目的は、私のデジタル一眼で海を撮影するためだったが、上手に写せない。
ビーチは長く来ていなかったから、写真に飽きると靴を脱いで海の中に入りはじめた。
それも飽きて、砂浜で棒崩しをするようになった。
覚えている限りでは、それ位までは、絶対に近くにあった白の一眼。
思いっきり遊んで、帰宅最中、ガソリンスタンドでデジタル一眼が見当たらない事にショックを受けた。
あきらめて部屋まで戻ったけど、しばらく、とてもさみしかったのを覚えている。
たくさんのメモリーが入っていたお気に入りの一眼レフ、現在はどこにあるんだろう?

怒って吠える弟と僕
少年は真夜中の三時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って1週間くらい過ぎた頃だった。
あまりの暑さに目が覚めてしまったのだ。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、全然涼しさを感じない。

寝れないし、お腹も空いたので、少年は大好物のカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を漁り、肉と野菜を切りそろえ、調理を始めた。
空が明るくなってきた頃、少年の家からは、美味しそうなカレーのいい匂いが広がっていた。

小さい飾り線上

メニュー

小さい飾り線下

メニュー


Copyright (C) 2015 悲しみもコロッケも捨てたもんじゃない All Rights Reserved.
レトロ飾り