飾り線上

余裕で踊る友達とぬるいビール

飾り線下
娘の2歳の誕生日が近くて、プレゼントをどんなものにするかを迷っている。
妻と話し合って、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
考えてばかりでなかなか決まらないので、実物を見て決めることにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けど、こどもに見せてみたら、すぐに決まった。
ジャングルジムに夢中だったから、これに決めた。
ただ、家が狭いので、小さめの折りたたみ可能なやつに決めた。
販売価格が、わりとリーズナブルだったので、助かった。

余裕で吠える家族と紅葉の山
2日前、バラエティで、マクドのナゲットの味をまねたものといって流していた。
大変うまそうだと思って、妻に作ってもらいましたが、マックのチキンナゲットの味では絶対にないけれどうまかったです。
味わってみたら衣が少し固かったけれど、中身は、チキンといえばチキンだから、俺の舌ぐらいでは多少の差は何とも思わずめっちゃおいしかったです。
飾り線上

自信を持って自転車をこぐ友達とファミレス

飾り線下
このところ、小説を読みとおすことはわずかになったが、一時前に水滸伝の北方バージョンに夢中になっていた。
昔の水滸伝を訳したものを軽く読んだ時は、おもしろく感じることがなく、心酔しなかったが、北方謙三さんの水滸伝を読んだときは、ひきつけられて、読むのが止まらなかった。
会社の昼休憩や帰ってからの食事中、お風呂でも読みとおして、1日一冊ずつ読みふけっていた。
登場人物が人間味あふれていて、男らしい登場キャラクターがたいそう多人数で、そこに熱中していた。

よく晴れた週末の深夜にお酒を
知佳子はAさんが大好きなのだろう。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張が決まると、知佳子も連れて行ってもらっているし、今回は私も一晩だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じニックネームで呼ぶし、どこのお店に入ろうか、とか、とりあえず、私に質問してくれる。
なにかしら気にかけてくれているような感じがしてとても居心地が良いと思った。
飾り線上

気分良く走る彼女と観光地

飾り線下
まだまだ社会に出てすぐの頃、無知で、そこそこ大きな厄介なことをひきおこしてしまった。
気にすることはないと言ってくれたお客さんたちに、お詫びの仕方も浮かんでくることがなく、涙が出てきた。
お客さんが、ドトールのカフェオレをどうぞ、と言いながらくれた。
ミスって2個も注文しちゃったんだよね、と話しながら違う種類のドリンク2つ。
ノッポで痩せててすっごく優しい表情をした良いお客さん。
嬉しかったな、と思い返す。

蒸し暑い祝日の日没は料理を
最近のネイルサロンは、バイオなど、素晴らしく難しい技が駆使されているようだ。
気持ち程安くなるインビテーションをいただいたので行ってみた。
かなり、色やデザインに対して、悩んでしまうので、デザインを伝えるのに時間を使った。
薬指に簡単なアートをしていただいて、感動し上機嫌になれた。
飾り線上

蒸し暑い大安の朝はビールを

飾り線下
名の知れたお寺さまであろう、法隆寺へ出向いた。
法隆寺式の伽藍配置も充分見学できて、五重塔、講堂も見学できた。
展示室で、国宝指定されている玉虫厨子があり、予想していたよりも少しだけ小さかった。
法隆寺についてを勉強するには思いのほか、非常に多くの時を要するのではないかと思う。

陽の見えない水曜の日没に冷酒を
最近、お腹周りのぜい肉をなんとかしないとと思い腹筋を頑張っている。
自分の娘を自分の足元にのせて回数を数えながら腹筋をしたら、わが子とのコミュニケーションにもなるし、しゃべりだしの子供も数字を耳で覚えるし、自らのみにくいぜい肉も減少するし、ベストなやり方だと考えていたら、はじめのうちは、しっかりしがみつきながら笑っていた小さなわが子もだれたのか、しなくなってしまった。
飾り線上

陽の見えない祝日の晩に外へ

飾り線下
遠くの生家で暮らす私の母も孫用だといって、ものすごくたくさん手作りのものを縫って届けてくれている。
ミッフィーがめちゃめちゃ気にいっているのだと伝えたら、言った生地で、裁縫してくれたが、裁縫するための布の思ったよりたいそう高くてあきれていた。
生地は縦、横、上下の向きが存在していて面倒だそうだ。
でありながら、たんまり、作成してくれて、送ってくれた。
孫はたいそうかわいいのだろう。

凍えそうな週末の日没はひっそりと
今日この頃、子供がいつもの広場で遊びたがらない。
暑いからだろうか、おもちゃが大変増えたからか。
わずか前までは、とても運動場に遊びに行きたがっていたのに、今日この頃は、わずかも行きたがらない。
まあ、男親だと、何も困ることもないので、気にしてはいないがですが家内はちょびっとでも考えている。
けれど、蒸し暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

小さい飾り線上

メニュー

小さい飾り線下

メニュー


Copyright (C) 2015 悲しみもコロッケも捨てたもんじゃない All Rights Reserved.
レトロ飾り